出ました!

 『別冊太陽 日本のこころ195 石川啄木 漂泊の詩人』(2012年4月、平凡社、2300円+税)。    「詩人」とあるのは、いいですねえ。  わたしが最も好きなのは次の一首。考へれば、ほんとに欲しと思ふこと有るやうで無し。煙管をみがく。   50頁をごらんください。

続きを読む

音楽数珠つなぎ

 ふだんは音楽はまったく聴かない。けれど、よっぽど疲れているのか、いろいろ聞こうという気持ちがある。  アバの次は、グールド。  その次は、ボサノヴァ名曲集。  それから、シルヴィー・ヴァルタン。この人はちょっと年とってからがいい。 たとえば、Des heures de désir。  ついでに、レオ・フェレの『悪の華』。  難聴になったことがあるので、イアホンは禁…

続きを読む

『風俗壊乱』反響(その20)

 『国際啄木学会研究年報』15号(2012年3月)に、ジェイ・ルービン著『風俗壊乱 明治国家と文芸の検閲』(2011年4月、世織書房)に関連するものがいくつか掲載された。  まず、吉田直美氏の書評。 何より、この本を読みながら魅了されたのは、ジェイ、ルービンその人の日本近代文学に対する読みの深さと的確さである。有名な文学者達はもちろんのこと、私たち日本人がもうほとんど手にすることもなくなっ…

続きを読む

自然眉

◇梅ちゃんの自然な眉は見ていてほっとする。自然なふうに手入れしてあるのかもしれないが。我がヒロイン瀧島里もこんな感じでいきたい。いいかげん5回目を書かないと。 ◇仕事の波が寄せてくるので、珍しく音楽を聴いている。『アバ・ゴールド』を繰り返し聞いている。アグネタの高音に張りのある声が目立つが、繰り返し聞いていると、アニフリードの低めの声も魅力があることに気がつく。Dancing Queenは…

続きを読む

京都の夢二学校

 asahi.comに次のような京都府立図書館に関する記事(2012年4月19日)が載っていた。「おでかけポケット」という企画記事である。 100年を超える歴史がある府立図書館(左京区岡崎成勝寺町)。明治時代に設計された洋館の面影を残す建物の内部には、110万冊の蔵書と機械化された書庫がある。その舞台裏を案内してもらった。 「竹久夢二が館に寄贈してくれた本もあるんですよ」。大正時代の代表的な画家…

続きを読む

お知らせ

 別冊太陽の新号が没後100年の石川啄木の特集を組んでいる。  25日過ぎには店頭に並ぶのでは。  短歌の鑑賞を書いた。老舗の雑誌の玄関口をまかされることなどめったにないので、普通の人々に啄木の歌の魅力が伝わるように工夫した。とんがりすぎず、ありきたりにならないように注意をはらいながら。  タイトルは「人生という小宇宙」。  個別性と普遍性が融合した啄木の歌の魅力をあらわ…

続きを読む

あれ、アレー

 過日、いつもの走り買いで、某地下街の古書店で、出帆社版(1975年11月)のアルフォンス・アレー著、山田稔訳『悪戯の愉しみ』を見つけた。ワンコインだった。  《daily-sumus》さんがすでに「悪戯の愉しみ」で、福武文庫版その他を紹介しているので、いろんな事情についてはそちらをごらんいただきたい。  久里洋二の装幀と挿絵である。  推測だが、久里が起用され…

続きを読む