フリペ、ゲット

墓参途上で、フリペ、『Asobon!」の書店特集入手。  誠光社や1003が出ている。  本屋へは行かず直帰。

続きを読む

渡辺与平と竹久夢二

 前回の記事《渡辺与平のコマ絵》を読んで、ある方が、遠山景子論文「雑誌『ホトトギス』に掲載された渡辺与平のコマ絵について」(「長崎県美術館研究紀要」2号、2009年)のコピーを送ってくださった。  論文本文は短いが、雑誌『ホトトギス』掲載の与平のコマ絵の一覧がついていて、単行本への所収状況もわかるようになっている。遠山氏によると、「『ヨヘイ画集』に掲載されたコマ絵一二九点のうち、一〇一点が『ホ…

続きを読む

渡辺与平のコマ絵

 サルの絵をさがす。著作権の問題のないものをさがす。『滑稽百画』にいいのがあったが、サルが木から落ちているところで、やめる。  そうそう、やはり『ホトトギス』だ。明治41年の号によいカットを見出す。  それ以外にのぞいていると、渡辺与平のコマ絵が5月号にたくさん載っている。  よく似た構図が、竹久夢二にもあったと思うが、与平の特色は、月並みに引っかけて、男子の写真、小栗風…

続きを読む

谷崎さんに着物をきせる

 過去記事《『青春物語』 四六判は苦手、杢太郎に頼む》で、谷崎『青春物語』の木下杢太郎の装幀は、着物の見立てがあるのではないかという推測を記した。  友人撮影の谷崎の裸像写真があり、木下杢太郎が裸では寒かろう、と箱の紺が羽織、表紙のやたら縞が着物、扉の小紋格子が長襦袢の半襟として、デザインされたのではないかと考えたのである。  そこで、実験してみた。小紋をもう少し縮小すればよかったかもしれな…

続きを読む