天理ギャラリー漱石展図録

東京の天理ギャラリーの漱石展の図録を取り寄せてみた。見たことがないものばかりで、ぜひ行きたいと思った。ただ、仕事の予定がたてこんでいて自由にならない。『三四郎』の原稿も目を引くが、中村不折の『不折俳画』(明治43年3月、6月、上下巻、光華堂)の原画が出ているのに関心が向いた。木版と原画がならべて示してある。『不折俳画』では木版となり、味わい深い仕上がりとなっているが、原画は筆触が流麗で色に濃淡が…

続きを読む

桐の花

通勤途上にある桐の木。今年は少し元気がない。川縁のぎりぎりの土に根を張っている。少し時期が遅いのかもしれないが、2014年の記事とくらべると、少し心配である。*過去記事《今年の桐の花》

続きを読む

きょうもどれどれ

きょうは、車中で寝落ちしなかった。隣席のひとはパソコンあけたまま、フリーズしていたが。 限界点をこえるまえに、鍼灸院に。体育系の高校生などが多い。事務座業系はわたしくらい。先生が高校生に、運動すると堅くなる、やわらかくするには、ストレッチしかないと言っている。わたしにもあてはまる。ちょっとストレッチすると、いいのだが、何もしないまま、時が過ぎる。 あべのハルカスの北野恒富展はおもしろそう。《…

続きを読む

碧梧桐の字のごとくうねうねと

朝起きて、ちょっとだるいが、伊丹の柿衞文庫へ。伊丹も久しぶり。美術館までのストリートが整備されて店も増えている。柿衞文庫は、わたしともう一組だけの参観者。とっつきにくいとおもっていたが、こうして展示を見るとしたしみがわいてくる。その作家に近づくのには、当時の本を読むのがいちばんである。みんな風情のある明治本だ。図録は充実していて、碧梧桐の全体をつかむことができる。河東碧梧桐は、中村不折とともに、…

続きを読む

きょうもやれやれ

◇仕事漬けで、ゆとりがない。郵便受けに、本らしきものが入っていて、何だろうと開けると、『アステイオン』86号。ルービン先生が執筆していて、送ってくれたのだ。面白い日本語論。いずれ、紹介。◇オタさんが、大阪古書会館で、『以茂随流』を拾ったとか。すごいなあ。安かったのかなあ。◇今日は、通常業務。明日、柿衞文庫の碧梧桐展と、大阪古書会館に行ってみよう。

続きを読む

きょうのあれこれ

◇鍼灸院の先生に肩がはりすぎているといわれる。灸もしてもらった。山のように本を読んでいるせいかもしれない。老眼がすすんでいる。◇『港の人』「創立20年記念特集 詩がはじまる」を三月書房さんにもらった。扉野良人「ひとふでの雨」は多田さんの思い出を書いている。高浜虚子の「有明月」が採録されているが、ずらしかたがおもしろい。岩波文庫が、写生文や小品をセレクトして随筆集を編めばよいと思う。◇『吉本隆明資…

続きを読む

きょうのおまけ

『図書』岩波文庫創刊90年記念「私の3冊」。  こちらの関心にひっかかったものを紹介しておこう。  十川信介が、澤木四方吉『美術の都』をあげている。「美酒を舐めるように名画や名建築に陶然としている様子」がうかがえると。  ロバート・キャンベルは、千葉俊二編『岡本綺堂随筆集』をあげる。「社会の陰影を切り取っている」と。

続きを読む

古本のがす

2冊、古本を逃した。1冊はいたかった。問い合わせをしたら売れていた。見つけた時に注文すべきだった。 上半期に本を買いすぎたという気持ちがあって、出遅れてしまった。同じものが出てくる可能性は低い。すぐには売れないという思い込みもいけない。 まいった。 意識して、古本に関してはもっと前のめりになるべきだ。 研究を進めるためにそれが必要だ。

続きを読む