『みだれ髪』文スト仕様

 うーん。清家雪子『月に吠えらんねえ⑦』に出てくるアッコさんはいかにも人妻風だが、これは……。
IMG_2848.JPG
 表紙はおいて、今野寿美さんの訳注がとてもよい。
 たとえば、「ゆあみする泉の底の小百合花二十の夏をうつくしと見ぬ」の訳は、「泉で沐浴をするヴィーナスの姿が目に浮かぶ。それは百合の花を水に沈めたかのよう。ちょうど、人生で一番輝いている二十歳の夏の美しさ!」である。「百合の花を水に沈めたかのよう」というところに特色がある。


この記事へのトラックバック