『産業と美術のあいだで 印刷術が拓いた楽園』展

2018/03/29 11:51
 和歌山県立近代美術館で。 『産業と美術のあいだで 印刷術が拓いた楽園』展。2018年4月14日〜6月24日。チラシより。「ひとりひとりの生活のなかにもたらされた印刷物は、新鮮な視覚体験をもたらし、また産業としての印刷の担い手たちのなかにも、実用的な需要に応えるあいだに、印刷技術のなかにある版の創造的な側面に着目する人が現れました。」

続きを読む

超絶的写真網版

2018/03/10 21:08
 文庫櫂さんで見つけた『白馬会紀年画集』(明治38年10月、白馬会)。最初コロタイプかな、と思ったが、ナノキャプチャで拡大すると、ドットが見えるではないか。とても網版とは思えない仕上がりである。 白馬会の展覧会の図録として用いられたもの。10回大会の記念として発行された。 久米桂一郎の「紀年画集はしがき」はつぎのように記している。油画を写真に取ることは非常な困難で、是まで一度として満足にいつた例はない。然るに此画集の写真については柴田常吉君が熱心に腕を揮われ、撮影から仕上げま..

続きを読む

切り抜き帖を買う

2018/02/20 17:35
 3月の小さな報告のために、コマ絵の切り抜き帖を購入する。 ネット注文なので、どんなものが来るかは、当てものみたいなものである。 届いたものは、わら半紙を二つ折りしたものを閉じて、各頁、2〜3のコマ絵が貼ってある。 糊が腐食していないのはよかった。ただ、こどものいたずらか、塗り絵のように色鉛筆で色が入っているものが割合あって、これは少しガッカリした。 切り抜きは、印刷そのものがオリジナルであることがよい点で、出典が不明なのが悪い点である。 今回購入の切り抜き帳は、『女学世界』..

続きを読む

ヘボ画集

2017/11/16 08:52
 過去記事《デモ画集》にアクセスがあったが、たぶん『ヘボ画集』(1912年7月、尚英堂、太田三郎、村田天籟、山田實、服部英郎)のほうに関心が向けられていたのだろう。 いま詳しく中身について記事は書けないが、書影をあげておきたい。 箱はめずらしいかもしれない。かわいい十二支の図。ロゴもいい。山田実の絵。 表紙。「あれえ、足食べられちゃった」という感じか。作者未確定。 裏表紙。魚の拡大図も。木版か? 背。 村田天籟は、通俗的な男女交際論など出版している。序文としてヘボ論を寄せてい..

続きを読む

小村雪岱、お蔵だし

2017/10/19 16:58
 勢いで購入したが、使いこなせない資料がある。新聞小説の切り抜きであるが、『纏女房』という作品がわからない。国会図書館で検索すると、1948年版の駿台書房の『纏女房』が出てくる。邦枝完二の作品なのだが、『喧嘩鳶』と言う作品との関わりも気になる。五流研究者の手に余るので、使いこなせる方に譲りたいと思っている。 新聞、雑誌連載小説の切り抜きを作るときは、本文も一緒にお願いしたいと、切に思うのであった。

続きを読む

エミール・オルリクのこと

2017/10/15 12:57
 『太陽』の増刊「明治大正の文化」(33巻8号、昭和2年6月、博文館)には、菅原教造「版画発達史」という文章が収められており、なかにつぎのような記述がある。墺地利のオルリックは、画家として、舞台装置家として、又独逸の小泉八雲の作品の挿絵画家として知られてゐる。彼は神田和泉町の小柴で技巧を研究して、新錦絵や石版画を描いた。同じく墺地利の画家カペルリーは京橋五郎兵衛町の渡邊で技巧を修得してやはり新錦絵を描いた。中でも黒猫を抱いた待合の芸者を主題としたものに面白いものがある。その他..

続きを読む

もっと見る