「社会」という言葉が使えない

2017/06/21 23:34
 1910年の大逆事件以後、著作等の発売禁止が続いて、〈冬の時代〉と呼ばれたことは周知のとおり。 石川啄木の「日本無政府主義者陰謀事件經過及び附帶現象」には、下記のような一節があり、ファーブルの『昆虫記』の翻訳と推察される『昆蟲社会』という本が禁止されたという記述は記憶に残っている。 同年九月六日この日安寧秩序を紊亂するものとして社會主義書類五種發賣を禁止せられ、且つ殘本を差押へられたり。爾後約半月の間、殆ど毎日數種、時に十數種の發賣禁止を見、全國各書肆、古本屋、貸本屋は何..

続きを読む

国際啄木学会京都セミナー

2017/04/24 17:49
国際啄木学会 京都セミナー2017年4月22日 立命館大学朱雀キャンパス討論「〈関西〉における啄木研究/啄木研究における〈関西〉」 上記討論で「ポトナム短歌会を源流として 立命館と啄木研究」という題で報告を行った。以下簡単に報告の要旨をメモしておく。 ポトナム短歌会は小泉苳三がつくった。大正11(1922)年、事業に失敗した小泉は京城公立高等女学校教諭となり、4月、百瀬千尋と『ポトナム』を創刊した。小泉は昭和7(1932)年、立命館大学専門学部文学科教授となり、国崎望久太..

続きを読む

『學鐙』春号は、「特集夏目漱石」

2017/03/20 20:51
『學鐙』春号は、「特集夏目漱石」。 『學鐙』も月刊から季刊に移行するようだ。この春号が、漱石特集であることを偶然知って、版元に注文した。多くの人が、見開き2頁でエッセイを書いている。2篇気にかかるものがあったので、紹介しつつ、思うところ述べてみたい。研究ノートのひとつだと考えていただければありがたい。        池端俊策「ドラマ「夏目漱石の妻」で書かなかった人物達」 まず、池端俊策氏の「ドラマ「夏目漱石の妻」で書かなかった人物達」。この人は、ドラマ「夏目漱石の妻」の脚本家..

続きを読む

もっと見る